スポンサーリンク




神社仏閣・庭園めぐり・旅

300年以上の歴史がある”つつじ”-根津神社

更新日:

300年以上の歴史がある”つつじ”-根津神社

つつじまつり

根津神社は都内有数のつつじの名所である。つつじまつりは毎年4月上旬から5月上旬まで行われる。通常は、つつじの見ごろは4月中旬から下旬であるが、当然その年の気温に左右されるので、出かける際には確認されたい。。
根津神社のつつじは、300年以上の歴史があり、現在では約100種・約3000株ものつつじが咲き誇る。一見の価値はある。

池波正太郎の小説にも、根津神社はしばしば登場している。

◆入苑料:200円(神苑整備事業への寄進)

【2018年4月19日】

例年はこの時期には午前中の早い時間にお参りに行くのであるが、今年は何かを野暮用が多くなんとか時間をつくって、4月19日のお昼過ぎに伺うことができた。今年は、例年によりも開花がかなり早いようで、ゴールデンウィーク頃には見頃を過ぎてしまうような雰囲気でもある。

この日は天気もよく、さすがに人が多かった。つつじの色と新緑と青空のコントラスト。外国人観光客も参拝にきていて、その美しさに感動しているようであった。

画像 根津神社のつつじ 2018年4月18日

クリックで拡大

画像 根津神社のつつじ 2018年4月18日

クリックで拡大

画像 根津神社のつつじ 2018年4月18日

クリックで拡大

画像 根津神社のつつじ 2018年4月18日

クリックで拡大

画像 根津神社のつつじ 2018年4月18日

クリックで拡大

この日は参拝のためのかなり長い行列ができていた。

画像 根津神社のつつじ 2018年4月18日

 

クリックで拡大

【2015年4月24日】

連れ合いと一緒に、東京十社のひとつである根津神社に参拝に行ってきた。神社の境内には約100種3000株のつつじがある。約2000坪のつつじ苑だ。

つつじの様子は下の写真を参照されたい。この日は、天気も良く、つつじが満開。空の青と樹木の新緑、つつじの赤・ピンクのコントラストに連れ合いもいたく感動していた。

画像 根津神社のつつじ1

(クリックで拡大)

画像 根津神社のつつじ2

(クリックで拡大)

画像 根津神社のつつじ3

(クリックで拡大)

画像 根津神社のつつじ4

(クリックで拡大)

画像 根津神社のつつじ5

(クリックで拡大)

根津神社の鳥居と表参道

p1030934

%e6%a0%b9%e6%b4%a5%e7%a5%9e%e7%a4%be%ef%bc%93

 

画像 根津神社の手水舎

(クリックで拡大)

江戸時代、五代将軍徳川綱吉の時代に現在の社殿がつくられ、すべてが当時の姿のままだそうだ(国の重要文化財指定)。

p1030950

▼御朱印

画像 根津神社の御朱印

根津神社の御由緒

  • 景行天皇(『古事記』『日本書紀』に記される第12代天皇)の御代に日本武尊が駒込の地に創祀(神様を最初にまつりました=神社をつくりました)
  • 文明年間(1469-1487)に太田道灌が社殿を奉建
  • 現在の社殿=宝永3年(1706)に5代将軍徳川綱吉が嗣子家宣の氏神社として奉建
  • 唐門、透塀、桜門が現存(=国の重要文化財)

スポンサーリンク




-神社仏閣・庭園めぐり・旅

Copyright© 知とモノへの雑感ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.