万年筆・手帳・時計

アウロラ万年筆 "チェリーニ"、"アスティル"

アウロラ万年筆 "チェリーニ"、"アスティル"

ベンヴェヌート・チェリーニ』 

1997年限定品。純銀製でペン先、胴軸、キャップに施された細かい細工がとても美しく、重厚感のある万年筆。

ベンヴェヌート・チェッリーニ(Benvenuto Cellini, 1500年11月3日 - 1571年2月13日)は、ルネサンス期イタリアの画家、金細工師、彫刻家。

3be5cb2c-s

b6ed8377-s

8323388c-s 4b8ca487-s

fdab03ee-s

b0e8622f 3ac93a43-s

画像 アウロラ万年筆 チェリーニ

発売年:1997年
限定数:万年筆1919本
特徴:スターリングシルバー/リザーブタンク付ピストン吸入

長さ(収納時):約137mm

『アスティル』

この『アスティル』は、「機能」と「デザイン」の調和を追及するイタリアのアウロラ社から1970年に発表。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)永久保存モデル(1970年発表)

ニューヨーク近代美術館(MoMA)公式ウェブサイトへのリンク

1929年に開館したニューヨーク近代美術館は2004年にリニューアルオープンしている。設計は日本人建築家・谷口吉生氏である。谷口吉生の作品には、このほか、東京国立博物館法隆寺宝物館(1999年)、東京都葛西臨海水族園(1989年)など多数ある。
谷口吉生氏の父親は谷口吉郎氏である。谷口吉郎氏は千鳥ヶ淵戦没者墓苑(1959年)、東宮御所(1960年)、帝国劇場(1966年)、東京国立近代美術館(1969年)、迎賓館和風別館(1974年)などを設計した建築家であり、昭和48年(1973年)に文化勲章を受章している。

迎賓館の和風別館の記事はこちら

この万年筆は、その後他のメーカーの万年筆デザインに多大な影響を与えたといわれている。
非常にシンプルな
デザインである胴軸とキャップは、他の多くの万年筆の胴軸と比較しても格段に細くなっている。

46deceb9-s

1d5ac210-s

上から、ビスコンティのアクアアズーラ、モンブランのオスカーワイルド、ペリカンのインディアンサマー、アウロラのアスティル

画像 アスティルと他の万年筆の比較

(クリックで拡大)

アスティルは軸が細いので、ファイルファックスの手帳(バイブルサイズ)にも入る。ちょっと緩いのでペンホルダーの内側にフェルトを貼って利用している。
軸の細さは好みが分かれる。ただ、多くの手帳のペンホルダーにも余裕で入るので、外出時の使用には重宝すると思う。

画像 アウロラのアスティルとファイロファックス手帳(バイブルサイズ)

(クリックで拡大)

4e838467-s

  • ペン先:14金(ロジウムコート)
  • 全長:138mm
  • 軸径:8.5mm
  • 重量:20g
  • カートリッジ/コンバーター両用式

スポンサーリンク




-万年筆・手帳・時計

Copyright© 知とモノへの雑感ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.